板谷web

洗顔石鹸GETだぜ! - 化粧を落とすと言うところまでがメイク

Author

  • 名前:みひろ
  • 性別:女
  • 年齢:21歳

21歳の美容師の卵です。 アシスタントとして都内の美容室で働いています。 仕事は思っていたよりも大変で、家と職場の往復な毎日です。 だけど、一人前になるまでは必死に頑張るぞ!
友人から、手作りの石けんをもらった事があり、洗顔石鹸として使いました。手作りならではの、まろやかでお肌に優しい使い心地だったのを覚えています。

カテゴリー

化粧を落とすと言うところまでがメイク

近頃の女性の肌劣化が激しく、将来が心配と言う女性の方が増えており私は大変心配しています。
なぜこうした女性の肌が劣化が激しくなっているのかと言いますと多くの要因があります。
まず女性の喫煙、飲酒これは肌にとっていいだけでなく劣化を早めることになります。
またファーストフードの食べ過ぎ、寝不足、ストレスの貯め込みなど生活環境の変化も考えられます。
そして一番の原因が化粧をしない、化粧の正しい使い方が分かっていないと言う事です。
化粧をしないと言う事はいいことのように捉えられがちですが、実は化粧によって紫外線などからバリアーする効果もありとても重要なものなのです。

呼吸

ただそうはいっても寝ても覚めても化粧を取らないと言うのも問題で寝ている間は肌に呼吸をさせてあげなければ急速に肌が劣化してしまいます。
ですので、活動中は化粧し、寝ているときはあなたと同じように休息する時間を与えてあげることが大切なのです。
化粧はきれいに仕上げることだけが目的ではなく、その後の化粧をしっかりと落とすとい事ができて初めて化粧と言えるのです。
ですので女性の方はメイクをしっかりと仕上げることだけに気を使うのではなくどれだけ綺麗に化粧を落とすことができたかということにも気をつけて欲しいと思います。

洗浄の力ではなく吸着力で選びましょう

皮脂・汗・お化粧汚れはお肌に残したままだと酸化し、老化の原因になるので、洗顔石鹸を使い綺麗にしなければいけません。
固形石鹸はアルカリ性なのでお肌を柔らかくする効果や膨らませる効果があるので、毛穴の汚れを浮かして除去するのです。
ですから、近頃は洗顔フォームを使う人より洗顔石鹸を使用する人が増えてきているのですが、頻繁に使用するとお肌が持つ元々の潤いまでも除去してしまうので、洗顔をするのは1日2回がベストという事です。

お手入れ

毛穴の奥の汚れは溜まっていくと角栓になりそれが浮き上がり黒ずみがとても目立ってしまいます。
目で見て分かる位になると汚れが溜まっていって気が付く人が多いと思うのですが、マメに毛穴のお手入れが出来れば小鼻の黒ずみを気にせずに済む様に続けていけますから、洗浄<吸着力に着目してください。
「どろあわわ」は泥の吸着力で毛穴の奥の汚れまできちんと除去出来ますし、泥に含まれているミネラル成分がお肌を保湿するので、使った感じも良いと聞きます。
ですが、敏感肌タイプの人は良くない様ですから、敏感肌タイプの人は色々お試ししていくのではなくて、敏感肌用の刺激が弱い洗顔石鹸を選ぶ事が大事です。

Copyright(C)2014 板谷web All Rights Reserved.