板谷web

洗顔石鹸GETだぜ! - 泡をお顔に乗せるだけでOK!?

Author

  • 名前:みひろ
  • 性別:女
  • 年齢:21歳

21歳の美容師の卵です。 アシスタントとして都内の美容室で働いています。 仕事は思っていたよりも大変で、家と職場の往復な毎日です。 だけど、一人前になるまでは必死に頑張るぞ!
友人から、手作りの石けんをもらった事があり、洗顔石鹸として使いました。手作りならではの、まろやかでお肌に優しい使い心地だったのを覚えています。

カテゴリー

泡をお顔に乗せるだけでOK!?

洗顔石鹸を選ぶ際の着目点とは、個人により全く違っているはずですが、ポイントとなるのはやはり泡立の良さだと言えます。
キメが細かく弾力がある泡を作れれば、毛穴の奥の汚れまでキレイに落してくれるので、泡立ちって非常に大事なものなんです。

お肌の汚れって肌表面だけじゃなくて、毛穴の奥まで到達していて、毛穴の汚れをそのままにしておけばお肌がくすんでしまったり、皮脂の汚れ・お化粧の汚れが酸化してしまい、お肌に良くない影響を与えてしまいますから、その日その日の洗顔をきちんとしてお肌を清潔にする事が必須です。
洗顔石鹸にも沢山のタイプがあり、手の平を使って泡を立てる事が煩わしいと思う人は、泡立専用ネットを使用すれば良いと思います。
洗顔石鹸は手の平の上で擦りながらお水を加えて回して泡を立ていきますが、泡立てネットを使用するととても早く泡が立てられますので、長い時間を泡立てにかけたくない人にはうってつけです。

洗顔時間は長ければ良いという事ではなく、長い時間洗顔しているとお肌が乾燥して乾燥肌になる事もあるので、短い時間で構いません。
泡を顔の上に乗せていれば自然と泡に汚れが吸収されていきますから、これまでは時間をかけ洗顔をしていたという人達も、皮脂分泌が多い所へ泡を乗せているだけの短い時間で出来る洗顔をしていきましょう。
こうするだけでお肌に必須となる皮脂は保てるので、乾燥肌にならずに済むのです。

年齢にあわせた洗顔石鹸選び

年齢が高くなっていくにつれ、肌質が変わってきたことを自覚する人も多いのではないかと思います。
やはり、いつまでも若いときの肌のままで居られるというわけではありませんので、スキンケアの方法を考えることは大事ですね。
そのときの自分に合っているスキンケアの方法を、常に選んで使っていくということがポイントになります。

毎日のケアで大事なことは、紫外線予防、保湿、洗顔といったことでしょう。
特に洗顔は、洗顔石鹸で適切なものを使うことで、肌の本来の美しさを引き出すことができるようになります。
そのためにも、自分が使っている洗顔石鹸を選ぶということはとても大事なことでもあります。
毎日続けることですから、自分の肌にしっかりと合っているものを選ぶ、というようにしてみましょう。
自分が求めている肌に近づけるような、そんな洗顔石鹸をぜひ見つけてみてください。

といっても、洗顔石鹸には非常に多くの種類がありますので、どれを使ったらいいのか迷ってしまいますよね。
自分の肌に必要な保湿成分が含まれている、洗浄力はどのくらいか、ということもチェックのポイントになるかと思います。
あまりに洗浄力が高い石鹸の場合、その結果として肌が乾燥してしまうこともあります。
固形の洗顔石鹸の場合、肌に対して優しく作用してくれるので、デリケートな肌でも安心です。
肌に対して優しい成分か、洗浄力を選ぶかというポイントもありますが、何より大事なことは自分の肌に合っているかどうか、という一点です。

Copyright(C)2014 板谷web All Rights Reserved.